ホーム>スタッフブログ>犬のしつけって・・・

犬のしつけって・・・

犬の躾、今やらないでいつやるの、今でしょ!!





こんにちは、イヴです

昼間はだいぶ暖かくなってきましたが、夜はまだまだ寒いですね~>_<
もうしばらくは毛布のお世話になりそうです。
毛布好きな私としては、ちょっと嬉しいですがね( ̄∇ ̄)
みなさんも、この気温差で風邪をひいたりしないよう、気をつけて下さいね!


では、本日の様子です。

一枚目の写真は、mixのエレナちゃん。
公園にて、おもちゃで遊びました。
とっても楽しそうに、たまーに飛び跳ねたりしながらおもちゃを追いかけ、くわえると得意気に走り回ってとても可愛かったです

二枚目の写真は、元気っ子チームのフリータイム。
久々の来園だったゴールデンの優ちゃんも、ムーヴ先生を始め他のワンコ達とたくさん遊びました。
ジャックラッセルのジャッキーちゃん、柴のポン太君、mixのエレナちゃんも、だんごのようになって遊んでいましたね~(^^)
犬の遊び相手は、同じ子とばかり遊ぶようになりやすいのですが、このメンバーは、目の前にいる子と遊んでいるようでした。
誰とでも遊べるのは良いですね!!
途中クールダウンも兼ねて「ストップ」で遊びを止める練習も行いました。
皆、興奮していても、ちゃんと人の指示が聞けるようになろうね(^_^)b

三枚目、四枚目の写真は、ジャックのジャッキーちゃんと、チワワのルルちゃん。
ルルちゃんもなかなかのチャレンジャーで、ジャッキーちゃんに遊びを仕掛けていました。
ジャッキーちゃんが本気を出すとさすがに逃げますが、トレーナーが止めると、すかさず戻ってきて攻撃を仕掛けるという、軽いフットワークを披露していました

以上、本日の犬の保育園の様子でした!!

 

ブログランキング参加中です、ポチッとお願いします^^

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ダックスのチョコくんが犬の保育園に登園開始です♪





こんにちは、イヴです。

最近、眠りが浅いのか、よく夢を見ます。
テレビ番組、ドラマなどの影響でか、芸能人(俳優さん)が特に出て来ます( ´艸`)
そういう夢を見た朝は、ちょっと嬉しい気分ですね^^
ちなみに今朝は、仕事をしている夢でした。
夢の中でもトレーニングをするとは思いませんでしたねぇ( ̄∇ ̄)


さてさて、本日の様子です。

一枚目の写真は、ポメラニアンのクイーポくんとカニンヘンダックスのチョコくん。
チョコくんは今日から保育園に登園開始でした!!
子犬らしい、ポテポテした動きがすごく可愛らしかったです(^^)

二枚目の写真は、ポメのクイーポくんです。
散歩に出たはいいものの、階段という試練に出くわしました。
実はクイーポくん、まだ階段を降りるのが苦手なのです。
一緒に散歩に出たマナちゃんは、軽々と降りていきましたが、クイーポくんは今回はギブアップ
抱っこで通過しました。
また今度、チャレンジしようね!!

三枚目の写真は、mixのソラ君、コロロちゃん、柴のポン太君、コーギーのリッキー君。
元気な子達で遊びました。
今日は遊びが好きな子が多かったですね。

四枚目の写真は、ジャックラッセルのへいぞう君と、ムーヴ先生。
ヒモで引っ張りっこをしてましたよ~
へいぞう君、なかなかのパワーで、ムーヴ先生(伏せてます)が
動くほど引っ張っていました!!


以上、本日の様子でした。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

問題行動 予防に社会化~人慣れ~

こんにちは、マツです。
今日は社会化トレーニングの1つでもある「人慣れ」のトレーニング内容をご紹介します!

「人に吠えたり咬みついたりしないように慣らす」
と聞くと、みなさんはどのような人を思い浮かべますか?
世の中の人間を大きく分けると男性と女性になりがちですが、犬から見るとどうももっと細かく分かれているようです。

例えば年齢。
乳児には吠えるけど、小学生あたりからは吠えない。
3~40代までなら平気だけど、それ以上の年齢の方には威嚇する。
他には、怪我をしていて歩き方がぎこちない方だったり、腰を低くして歩く年配の方が苦手なワンコも多いです。

例を挙げるとキリがないくらい、犬の視点って細かいのです。

いきなり全てのタイプの人間に慣らすのは大変なので、まずは以下の基本トレーニングを行っていきます。

ステップ1「すれ違う人に慣らす」
お散歩に出るようになれば避けて通れないのが「人とすれ違う」ことです。
この基本をおさえておかないとすれ違うだけの人にも吠えるようになりますし、次のステップにはすすめません。
方法は簡単です。
人とすれ違う時に食べ物を与える。
これだけです。


ステップ2「話しかけてくる人に慣れさせる」
子犬が社会化トレーニングを行っていると、その可愛さから声をかけて下さる方が沢山いらっしゃいます。
そんな時は、チャーンス!!
話しかけられている間ずっと、食べ物を与え続けます。
ここで注意しなくてはいけないのが、対象は「話しかけてくる人」であって「触ってくる人」ではないことです。
相手の方が手をのばしてくるようなことがあれば「人が苦手なので・・・」と嘘をついてでも回避するようにしてください。


ステップ3「知らない人の手に慣らす」
話しかけてくる人に友好的な態度を見せるようになってきたら、相手の方に「ご飯をあげてもらえますか?」とお願いしてみましょう。
その子の社会化の進捗度にもよりますが、この時もできる限り触られない方が良いです。
万が一触られたら、すかさず食べ物をワンコの口元に運んでください。
食べられないようであれば、まだ触られる練習をするのは早いということになります。


ステップ4「状況や場所を変える」
ここまでトレーニングがすすんだら、あとは状況や場所を変えてその子に合ったステップからトレーニングを繰り返し行っていきます。
例えば、お家に宅配業者さんが来たとき、動物病院に行ったとき、トリミングに行ったとき、などなど。
日常で人と触れ合う機会が多い状況から慣れさせていきます。


いかがでしょうか?
文字だけで見ると、私たちトレーナーって地味な仕事をしてるなって思います・・(笑)
でもこの地味な作業が子犬の将来を決める大切なパーツの一つなのです。

「この子、少し人が苦手かな・・・」と思った子がトレーニングの結果、知らない人に尻尾を振って駆け寄っていったりするのを見た日にゃぁ心の中でガッツポーズを3回くらいして、また明日も頑張ろうと思えるんですよね(^_^)

社会化って限りがないので、お仕事をしながら・・・子育てをしながら・・・というのはなかなか難しいものがあります。
そんな時は知識と経験のあるお近くのトレーナーを頼ってみてください。


 

ラブ、プードル、ダックスでパピーパーティー




こんにちは、はっしーです!

この間友達が誕生日だったのでサプライズでお祝いしました!泣いて喜んでくれたので良かったですサプライズはするのもされるのも楽しいですよね(^o^)

今日はパピーパーティーがありました!
まずは参加してくださったわんちゃんの紹介をしたいと思います!

最初はラブラドールのランちゃん!人も犬も大好きです。愛らしい顔でみんなを癒やしてくれます!

次にプードルのコロンちゃん!毎回可愛いお洋服を着てます♪今日はピンクのフリフリでした!

最後にダックスのモカちゃん!ちょっと遊ぶとすぐ寝てしまいます☆今日もうとうとしていました!その姿が可愛かったです♪


それでは今日の内容です!

今回は頭数が少なかったため特別なプログラムで行いました!
内容としてはまず、犬・人慣れをかねての、フリータイムの時間ちなみに、今日のメンバーは皆前回のパーティーで会っているメンバーでした☆
次にここでいつもなら社会化についてお話するのですが今回はカフェトレーニングの練習や関連づけ(犬と言葉の関係)の話、以前スタッフがスクールで行った習慣(強化)VS嗅覚のゲームをしました!

パピーパーティーはわんちゃんだけではなく飼い主さんも楽しめる内容になっています♪
次回は12月16日に行う予定です。保育園に通ってる方は無料ですのでぜひ参加してください!

以上本日の様子でした!

噛みつき 対処やら予防やら

 

こんにちは!のんです♪
 
 
今日はちょっと実践編!
 
 
 
 
突然ですが・・
皆さんはワンちゃんの体に手を近づけようとするだけで、
手を咬んで来た!という経験はありますか?
 
撫でてあげようとしただけなのに、咬まれた!!っと
ショックな気持ちになった飼主さんも少なくはないと思います。
 
わんちゃんが咬むのには何かしら理由はあると思いますが、
残念ながら犬の気持ちは分からないので、
犬がどう考えているのかはとりあえずおいておきます。
 
 
現に、保育園に通っている子たちの中にも咬む子は多く、
悩んでいる飼主さんが沢山いらっしゃいます。
ではどのようにしたら咬みつかなくなるのでしょうか?
 
 
雑誌やネットでよく書かれているのをあげると
 
咬まれた時に「痛い!」などの言葉を大声で言う。
 
咬まれたらリードで痛みを与える。
 
咬まれたらケージに入れてしまう。
 
 
これらがよく取り上げられると思います。
皆さん正解はどれだと思いますか?
 
 
もちろん、この中のどれかがうちの子には合っている!
っという方もいるかもしれません。
 
 
 
なので、不正解はありません。
 
 
 
しかし、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
これらは全部咬まれてしまってからの処置となってしまいます。
 
 
 
ただし、わんちゃんに手を近づけたときに咬まれない(わんちゃんが反応しない)
距離を知ることは重要な情報として大切なことなので、
咬まれた時のシチュエーションや咬まれた時の距離間は忘れずに覚えておいて下さい。
 
 
1度でも咬む事で何かしらの学習をしたわんちゃんは、咬む回数が増えやすくなるので、
咬まれるシチュエーションや、咬まれる距離にいない事を前提に考えていく必要があります
 
 
 
 
そこで、今日は咬まれない距離から少しずつ近付き、最終的に咬まれずに触る方法を紹介したいと思います
※咬む理由がなんであれ、やり方は一緒です
 
 
STEP 1
20121017_220456.jpg
咬まれない(反応しない)距離からフードを食べさせながら手を近づけます。
○○㎝が出来たら同じやり方で少しずつ距離を近づけます。
 
 
 
STEP
20121017_220302.jpg
咬まれない(反応しない)距離からフードを見せた状態で手を近づけます。
○○㎝が出来たら同じやり方で少しずつ距離を近づけます。
 
 
 
STEP 3
 
咬まれない(反応しない)距離からフードを見せない状態で、手を近づけてからその後にフードをあげます。
○○㎝が出来たら同じやり方で少しずつ距離を近づけます。
 
 
 
 
 
このような流れで慣れさせていくと・・・
20121017_220613.jpg
触られることが大好き!!に変わるかもしれません♪(写真3)
 
写真はMⅸ犬のスカイ君に協力してもらいました♪
人が大好きなスカイ君☆
いつも、触って~!っとお腹をみせてくれます(^。^)
 
 
 
今回はフードを使った方法を載せましたが、食べ物を使うしつけは私たちは大賛成です。
もちろん食べ物以外でもワンちゃんが好きな物なら可能です(*^_^*)
 
 
パピーの子はもちろん、成犬でも咬まずに過ごす練習は必要です。
やってみたけど、うまくいかない咬み癖に困っている方、、一度ご相談ください。
 
 
咬みつきの対処はケースバイケースです。
 1秒でもずれると上手くいかない事がほとんどです。
 必ず解決されるものではありませんので予めご了承ください。
 
 
  
それでは最後に、本日のスクールの様子をチラッと見ていきましょう!
20121017_220904.jpg
ちゃたろう君の背後から、そーっと近寄って匂いをかいでいる、モカちゃん♪
ちゃたろう君はご褒美のフードをGET!するために真剣そのもの!
綺麗なフセですね^^
モカちゃんの犬慣れにも協力できました♪
モカちゃんも頑張りました! (*^_^*)
 
 
 
 
 
このおいしそうな写真は・・・
法人化したお祝いに園長からもらったケーキです!!
20121017_221026.jpg
お昼にスタッフでおいしくいただきました\(^o^)/
 
今後も、Move'On をよろしくお願い致します。
 
 
株式会社となってからの、一発目のドッグホリデーは11月11日(日)です♪
ホームパーティですので、お気軽にご参加ください♪
 

褒めるリスク

歯の治療が全て終了したチョパオです。
もう大丈夫ですよ~と言われましたが心配でなりません^^;
さぁどうしたものか。。。


もしかすると、犬の訓練が終わった飼い主さんも同じ気持ちなのかなぁなんて思いました。
『卒業ですね』なんて言われても心配で仕方がないのかも。

心配な方はどうぞ末永く通ってくださいね♪




さてさて、ホリデーまであと1週間となりました。
雨が降らないのを祈るばかりです。
チョパオの雨男っぷりは自他共に認める凄さですからね。。。。



今日は褒めるリスクについて



おいおい、褒めるってリスクあるの?
なんて声が聞こえてきそうです。


はい、褒めるってリスクあります。




分かりやすく表現すると

①俗に言う要求吠えがでやすい傾向にあります
②褒めているはずが犬には叱られたと勘違いするケースがあります

もっとあると思いますが、チョパオが考える褒めるリスクは
大きく分けてこの2点でしょうか。


なので、犬を褒めて育てる時はこの2点を予めリスクとして捉えておく必要があります。



近年は褒めるしつけが主流になり、叱ってしつけましょうという考え減ってきました。
これはとても素晴らしいことだと思います。


そりゃ、叱られるより褒められた方がいいです。
実際Move’Onも褒める事が大半です。
というより、褒めるだけで出来る工夫をしています。



カウンセリングでよく出てくる言葉は
『褒めているのにうまくいかない』


これはもしかすると先ほどあげた②の可能性があります。

そんな時は褒めるのをやめてみたら、
褒め方を変えるだけで結果が出てくる時があります。


もっとも、犬は褒める叱るとは関係のない部分で学習していますので
この話自体おかしくなるんですけどね。。。。



次回に続きます。




人気ブログランキング参加中です。
良かったらポチっとお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ  br_decobanner_20120208003951.gif

褒めるメリット・褒めるリスク(余談)

久々にDVDを借りて【8日目の蝉】を見たチョパオです。
やっぱ永作博美はいいですのぉ。
チョパオの大好きな女優さんです♪



さて、今日は褒めるメリットとかリスクのお話。




【褒める】

いい言葉ですねぇ。
とても良い言葉です。
汚れなき言葉で、とても親しみやすい言葉とも言えます。


【叱る】

イメージ悪いですねぇ。
暴力とかまで範囲が広がりそうな言葉とも言えます。



じゃぁ質問。
犬は人間の言葉【良い子だね】とか【いけない!】って言葉は理解できるでしょうか?




答えは・・・・・分かりません。



多分理解していないと思います。

いや、弁別刺激として成立させる事は出来ると思いますが、
犬が言葉の意味を理解しているとかというと、とっても怪しい。

※弁別刺激とは、その刺激(きっかけ)があると行動が起きる事

(例) (弁別刺激)    (行動)
    ご飯でてくる ⇒ ソワソワ動く
    犬と出会う  ⇒ 吠える
    おすわりと指示 ⇒ おすわりする   など 



いや、理解していて欲しいと心から願っていますよ!
同じように思っている人は沢山いると思います。



訓練士さんやトレーナーさんはみんな知っていると思いますが、
犬に目線を送るだけで、こちらが望むことをさせる事は可能です。

例えば、
目線を左に送れば横について歩く   とか

目線を下に落とせばおすわりする   とか

目線をつま先に落とせばフセする   とか

目を数秒みつめると、足元まで走ってくる   とか


あくまでムーヴの場合ですが、以上のことは教えています。

もっと教えられますが、最近はさぼってます。
こういうの教えると変に目線を合わせられないので、あまりお薦めしません(^^;


一般の飼い主さんはすご~~いと思われるかもしれませんが、
そんなに難しくありませんので、やってみたい方は是非個別トレーニングを受講してみて下さい。
他のスタッフは教えられないかもしれませんが、チョパオなら教えられますので。


これらを教えても、やはり犬が言葉を理解しているようには見えません。
言葉よりも人の動き・表情などで判断、また、それ以外のところでも学習しています


ちなみにムーヴはチョパオの目線を送った先に常にいます。
見学に来る方、実際にトレーニングを受けていて気付いている方はいないと思いますが
今後はそんな所も注意しておくと、面白いかもしれませんね。



なんか、話がかなり脱線しましたね^^;


記事を書いている間に眠さが。。。。。。次回に続きます。




人気ブログランキング参加中です。
良かったらポチっとお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

褒めるしつけの罠

次回レッスン開催日
☆パピーパーティー 4/22(満員御礼)・5/27(残り1頭募集)


☆しつけ教室  4/8(残り4組募集)・5/13・5/27
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
次回イベントのお知らせ
ドッグランで爆走!  


日時  5/20(日) 10:00~13:30
場所  すいらんグリーンパーク
料金  3,000円           
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


めいちゃんママにいつも面白い髪型ですねと言われたチョパオです。
最近ヘルメットみたいになってます。(^^;


近日中にHPが全面リニューアルされます。
かなり綺麗になったと自分で結構満足気です。


ブログも一新され、約4年半使いこなしたこのブログともお別れします。
今後はWebサイト内でブログが更新されますので常に最新情報を提供出来ます。


それに、ネットショッピングも開店します。
まだ商品数は少ないですが、スクールで実際に使用しているモノや、
ちょっと高いけど使い勝手のいいモノ、物持ちがいいなど、
全てトレーナーが試したいい商品だけを載せていこうと思います。


既にスクール新聞でご存知の飼い主さんもいると思いますが
一部会員様へのプライベートセールも始まります。
いい商品を安く、または非売品を手に入れる事が出来ると思いますので、是非お楽しみに♪


さて、前回のお話【褒めるしつけって・・・・】の続編です。


皆さんは褒められるのは好きですか?


チョパオは好きです。
すぐ有頂天になってしまいますが。。。。


犬も叱られるよりかは褒められる方が多分好きだと思います。
いや、好きであってほしい。


ほとんどの飼い主さんは【尻尾を振っている】=触られるのが好き
という図式になっていると思いますが、犬は恐怖を感じている時も尻尾は振ります。


褒められるのが好きかどうかは特殊な機械を使って脳波を調べないと分かりませんので
一般家庭ではまず無理だと思います。Move'Onでも出来ません。


なので【犬を褒めて育てましょう】というフレーズには、
ちょっと違和感を感じてしまうのはチョパオだけでしょうか?


実際、チョパオも犬は褒めて育てるものだと思っていますが、
ちょっとだけ一般の飼い主さんやトレーナさんと観点が違います。


今日は行動分析学の観点から【褒める】を紐解いてみたいと思います。


何故、飼い主さんは犬を褒めるのでしょうか?
個人的に多分【お利口さん】だからだと思います。


トイレが上手に出来てお利口だから・・・褒める


おすわりが出来るほどお利口だから・・・褒める


おいでで来くるほどお利口だから・・・褒める


それはとても素晴らしい事なので、是非継続して頂きたいのですが
今後は【お利口さんだから】ではなく、【行動を増やす】ためにして欲しいなぁと思います。


行動分析学では行動の増減を強化とか弱化(罰)という表現をします。


行動が増えた事=強化
行動が減った事=弱化


専門用語の詳しい説明はまた今度。。。。


あくまで個人的な意見ですが、犬は触られるのが苦手な動物だと認識しています。でなければ、


触ろうとする時に逃げる
ブラッシングの時に逃げる
抱っこしようとすると逃げる


というのは出て来ないはずなんです。
この記事を読んでいるあなた様の愛犬も似た様な行動がでているかもしれませんね。


大事なのは、お利口さんだから褒めるのではなく、
褒めた事によってその行動は増えたのか?という事です。


褒める事でその行動が増えているなら、是非今後も褒めて欲しいですねぇ。


トイレが上手に出来たから褒める・・・・それでトイレは上手になりましたか?


おすわりが出来たから褒める・・・それでおすわりの回数は増えましたか?


おいでで来たから褒める・・・それで呼んだら来る様になりましたか?


もし褒める事でその行動が減っているなら、褒め方を変えるか、
いっそ褒めない方が上手くいくかもしれません。


褒める方法は捉え方も人それぞれです。
トレーナーさんによっても、かなり違うと思います。


褒める=体を触る
褒める=オヤツをあげる
褒める=声をかける
褒める=オモチャをあげる
褒める=抱っこする      などなど。


まだ他にも褒める方法っていっぱいあると思います。
是非、お利口さんの行動が増えるように沢山褒めていきたいですね。


次回は、褒めるメリットと褒めるリスクのお話をしたいと思います。
次回に続きます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

ページ上部へ