ホーム>スタッフブログ>ケーススタディ

ケーススタディ

パピー幼稚園のトレーニング内容のご紹介

 

こんにちは、マツです。
今日は生まれて初めて飼ったワンコの2年目の命日です。
2年前のあの日を思い出すのは今でも辛いですが、やっとブログにも書こうという気持ちになれました。
亡くなった時には「ああしてあげれば良かった」「こうしてあげれば良かった」等、色々と後悔することも多かったです。
みなさんはその日が来た時には後悔しないよう、たくさん愛犬と触れ合ってくださいね。
 
 
本日は久しぶりにケーススタディのご紹介です!
 
子犬のMシュナウザーを飼っているあるお宅では、飛びつきにとても困っていらっしゃいました。
と言うのも、飛びついたついでに洋服や腕に咬みつきが出ていたからです。
特に小学校にあがる前の娘さんに対しては強く出ていた行動で、ご家族の皆さんは口を揃えて「この子に対して怒ることが多い」とおっしゃっていました。
 
ところで行動分析学では、犬の内面を見ることはあまりしません。
「ストレスみたいだ」「怖がっている」「機嫌が悪い」「怒っている」
もちろん、こういった感情が関係して問題行動を引き起こしている可能性は十分にありますが、確認の取りようがないんですよね。
 
例えば「犬を見ると怖くて吠えてしまう」というご相談で、保育園で預かってみるとさほど犬を気にしている様子がないことがあります。
よくよく調べてみると、吠えた後に抱っこしてもらえる、フードがもらえる(慣れてほしくて与えている)等、相手の犬とは関係のない理由で吠えが維持されていることがあるんですね。
 
これを「怖いから」と決めつけてしまうとトレーニング内容が何だかおかしな方向に向かってしまい、ますます問題行動がひどくなってしまうことがあるんです。
 そういった理由から行動分析学では犬の内面は考えずに、行動だけ見ていこう!といったトレーニング内容になっているのです。
 
 
話を元に戻します(^_^;)
 
このMシュナウザーはなぜ飛びついて咬むのでしょうか?
なぜ娘さんばかりを狙うのでしょうか?
 
始めたトレーニングは「オスワリ」の練習です。
オスワリをしていれば飛びつくことは出来ませんし、飛びつかなければ咬みつきも出なかったからです。
 
そして、このトレーニングは家族内で「誰がいちばん座っているところを見つけられるか」というゲーム形式で進められました。
オスワリをしているところを見つけたら「見つけたー!」と言って、ワンちゃんに抱きつくのです。
この練習をしただけで、ワンちゃんは飛びつかずに、娘さんの目の前で尻尾をプリプリしてオスワリをすることが増えましたo(^▽^)o
 
 
この結果を見ると、怒ったりイライラして飛びついていたのではなく、相手にしてほしかっただけなのでは?と思います。
恐らく娘さんの反応がいちばんのご褒美になってしまっていたのでしょうね(^m^)
 
 
めでたしめでたし。
 
 
 
 
最後は本日の保育園より写真を1枚。
車の中で吠えない練習をしようとしたら、吠えるどころか寝てしまったチワワのリクくん♪
かわいいですねー☆
小型犬は車の中でフリーで過ごすと急ブレーキの時など危険なので、リクくんのようにクレートにいれてあげましょうね。
 
 
以上、本日のケーススタディでした! 
 
scblog0515.jpg 
 
お外でキャリー、お家でハウスに。
クレートで安心して休息できるようになると、わんこのストレスが軽減できます。
災害時などのためにもぜひ備えておきたいですね。
 
 
 
 
 
 
ブログランキング参加中です、ポチッとお願いします^^

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 
 

ケーススタディ ~マーキング~

 

こんにちは、マツです。
昨日は東日本大震災からちょうど2年でしたね。
TVで14:46に銀座の街中や電車の中でも黙祷をささげている様子をみましたが、何とも言えない気持ちになりました。
みなさん!防災グッズを用意しているかとは思いますが、これを機にチェックしてみましょう!
賞味期限のきれている食糧などないですか?
私も再確認したいと思います!!
 
さて、本日は過去にMove'Onにご相談頂いた事例から、マーキングについて書きたいと思います。
特に雄犬に多く見られる行動で、室内飼いをしている場合には家中のあちらこちらにオシッコをひっかけられるようになるので、一度覚えさせてしまうとかなり大変です(^_^;)
 
ちなみに「マーキングの原因は縄張り意識から」とよく言われますが、Move'Onではその考え方に沿ってのトレーニングは行っていません。
縄張りが本当にあるかどうかは分からないからです。
もちろん主従関係なんてものにも頼りません。
 
さて、今回の事例の登場人物は2人家族で(ご夫婦)、たまに娘さんが遊びにきてくれます。
わんちゃんはトイプードル3歳で、未去勢の男の子 Bくんです。
生後半年くらいから足を上げて排泄をするようになり、1歳になる頃には家中にオシッコをするようになりました。
特に困るのが、お母さんの足・寝室に入るとお布団にかけてしまうことでした。
 
初めてご自宅に伺った時には、1時間で20回以上足を上げていたのを記憶しています。
ただ見ている限りは、他にやることがないから暇つぶしにマーキングでも・・・といった風に見受けられたのです。
 
そこで提案させていただいたトレーニング内容です。
 
1.見ていられない時はケージに戻す
 
2.ケージの中にペットボトルを置く
 
3.ハウス・オイデの練習を楽しく行う
→楽しく!が重要です
 
4.オモチャでたくさん遊んであげる
 
5.万が一マーキングをしてしまった時には消臭力の高い消臭剤を使う
 
 
マーキングというのはフリーで放っておけば必ず!必ず!させてしまいます。
なので、管理がとても重要なポイントになります。
ケージがあるご家庭では、上手に使っていきましょう♪
 
そして、Bくんのトレーニングでいっちばん重要だったのは、3.と4.でした。
ハウスでケージに戻してフード、オイデで呼んでフード、オモチャを使ってレトリーヴ。
この3つのトレーニングをしただけで、マーキングは1/3くらいまでに回数が落ちました。
トイレトレーニングとは全く関係がないように見えますが・・・(^_^;)
暇つぶしにマーキングではなく、トレーニングをしてもらった結果です。
 
また、ケージ内に設置したペットボトルにマーキングをした時には、フードではなく大好きなオヤツを与えてもらいました。
 
これらを行っていただき、2ヶ月後にはケージ内でたくさんマーキングをするかわりに、フリーではほとんどしなくなりました。
お母さんの足へのマーキングは、特に対策しなくとも0回になりました。
 
結果から見ると、お父さん・お母さんに構って欲しかった、というのも理由の一つのように思えます。
オモチャ遊びでマーキングをやめてくれるなんて素敵♪と思うのは私だけでしょうか( ´ ▽ ` )
 
マーキングは時間が経てば経つほど直すのが大変になります。
これってもしかして・・・?と思うことがあれば、すぐにでも専門家に相談してくださいね。
 
   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてさて、写真は本日の保育園の様子です。
豆柴のちび太くんが大型犬を相手に果敢に攻めているところです!
なかなかの勇姿でしたd(^_^o)
 
以上、ケーススタディでした!

ブログランキング参加中です、ポチッとお願いします^^

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ケーススタディ 物音に対する吠え~ダックスのAくんの例~

こんにちは、マツです。
明日発売のあむろっちのライヴBlu-rayが一足先に届きました!
20周年アニバーサリーということで、懐かしいヒット曲が盛り沢山なんですよ♪
隣で見ている主人には秘密ですが、10回くらい泣きそうになりました(T_T)
時々映る観客の人も泣いてる姿がチラホラ・・・
私世代の人は思い出がありすぎますよね~

さて、本日は久しぶりのケーススタディいきたいと思います!

今回はミニチュアダックスフンドのAくんのケースです。
ダックスを飼ってらっしゃる方からのご相談で断然多いのが、吠えについてです。
聞いたことのある方なら分かると思いますが、ダックスの吠えは本当に音量が大きいです(^_^;)
あの音量で1日に何回も、何十分も吠えられると結構参ってしまいますよね。。

A君はお家で外からの物音に対して昼夜構わず吠え、飼い主さんを困らせていました。
元々臆病な性格だったため、相手が出来る時には「大丈夫だよ、あの音は◯◯(風だったり、車の音だったり)だよ」と説明をしてあげ、それを聞くと落ち着くとのことでした。
実際にご自宅にお邪魔させてもらい、吠えている様子を見させてもらうと・・・
外に対して吠えながら、チラッチラッと飼い主さんの動向を気にしているのです・・・(;゜0゜)

外からの音を発端に吠えているのですが、本当の目的は飼い主さんに構ってもらうことだったのです。
*特に2年前の地震の後はこういった【物音に敏感になった】というご相談が増えたのですが、原因を辿ってみると、ご家族からの反応を期待しての行動が多かったような気がします。

Aくんの学習は以下の通りでした。

物音がする→吠えた→構ってくれた

要するに構って欲しいという欲求を満たしてあげれば良いので、普段からオビディエンス(オスワリやマテ等)やノーズワークでコミュニケーションを増やし、予防に力を入れていきました。
Move'Onの保育園でも同時進行でトレーニングをして、1日30~40回吠えていたのが、16回コースが終了する頃には2~3回くらいまでに減りました。

こういう時、吠えたらどうしたら良いの?という質問が必ずと言って良いほど出てきますが、まずは吠えさせない!ということを第一に考えていただきたいので、あえてその答えは書かないでおこうと思います(^_^)

犬に会うと吠える、人に話しかけられると吠える、来客があると吠える・・・
その吠え、本当に相手に吠えているんですかね??
以上、本日のケーススタディでした!

 

 

ブログランキング参加中です。

ポチッとお願いします^^

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

家具の破壊ぐせ

 





こんにちは、コウです。
今日は寒さが厳しい一日でしたね
四街道の方では、雪がパラついていたとか
帰りの自転車も最近はかなり辛いので、上着に着いているフードを頭まですっぽりかぶっています。
もう、こうなったら見た目を気にしていることなんて出来ませんね


さて、今日は家具の破壊ぐせのお話をしたいと思います。
元気のある子は特に、経験ある方は多いのではないでしょうか?

仔犬の歯の抜け代わり時期で、家具を咬むという行動が増えることもありますが、
原因の一つとしては、人からの注目獲得が一番にあげられます。

家具を咬んでいる時に、「いけない!」「ダメでしょ!」など声をかける、追いかけるといった行動は、犬にとっては【怒られた】ということよりも【構ってもらえた】という認識の方が強い可能性があります。

トレーニング方法はいくつかありますが、まず試してもらいたいのが、
家具の代わりになるもの(オモチャ、紐、コングなど、咬んでも大丈夫なもの)を一つ用意してください。

(ここでは、オモチャを例にします)
そのオモチャを咬んでいる時に、声をかけたあげたり、追いかけて遊んであげる時間を
増やしてあげましょう!
オモチャの与えっぱなしはNGです。
オモチャへの反応がいいからと言って、そのまま放置してしまっては全く意味がありません。それは、破壊ぐせが再発することも考えられます。
重要なのは、咬んでもいいオモチャの時にたくさん構ってあげることなのです!!

また、ビターアップルといった咬んで欲しくない物に吹きかけて使う商品もありますが、
犬によってはその苦味を全く気にしない子や逆に苦味を気に入ってしまう子もいます。
また味に慣れてしまい、効果が出ない場合もあります。
ビターアップルを使用したとしても、オモチャを咬んでいる時の強化は必要になってきます



それでは、本日の犬の保育園の様子です。
今日は元気っ子シリーズです


1枚目
トイプーのちゃたろう君とパピヨンのハート君でお散歩に行きました
ハート君は前にいるスタッフに呼ばれて、しっぽフリフリ大興奮でしたが、
ちゃたろう君の集中力は、素晴らしい!
アイコンタクトばっちりのヒールウォークでした


2枚目
その後に出会ったのは、mix、スカイ君とソラ君のペア
朝のご挨拶が済むと、ハイテンションで遊び始めました。
寒い外にも関わらず、もみくちゃになっていましたね~
犬たちは、元気いっぱいです
私も見習います


3枚目
スクールでお馴染みのジャックのへいぞう君に公園で出会いました
公園を走り回って、少しお疲れモードのへいちゃんでしたが、シーズー、ももちゃんと
再び激しく遊んでくれました
写真には写っていないのですが、実はダックスの小春ちゃんも一緒でした。
初めは少し驚きながらも、最後には小さい子にフードをもらえました!
やったね


4枚目
ドゥードゥルのむぅ君(白)、チョコちゃん(茶)、コーギーのリッキー君です。
リッキー君は体は一番小さいですが、2頭に負けずに対抗してましたね~
むぅ君は以前、チョコちゃんと遊んていた時は、むぅ君の方が控えめな様子でしたが、
気付けば大逆転
今日は押され気味のチョコちゃんでした。
仔犬の成長は早いですね


以上、本日の犬の保育園でした。
※ランキングなんと5位まで上がってきました♬

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

お散歩の引っ張り

 

こんにちは、マツです。
今日はお散歩時の引っ張りについて書きたいと思います。
 
そもそも犬が引っ張る理由というのは、引っ張れば前へ進めるからです。
また進んだ結果、好きな方向に行けたり、匂いかぎが出来たり、他のワンコと挨拶が出来たり・・・
引っ張ることで様々な要求が叶えられるんですね。
うちの子は小型犬だから引っ張られても平気ですーという方もいらっしゃいますが、喉元の気管や後ろ足の靭帯を損傷することもあります。
またガンガン引っ張って歩く子は常に興奮状態にあるので、吠えが出ることが多いです。
 
ではでは、どういうトレーニングをすればいいのでしょうか?
方法は沢山ありますが、まずは以下の2点を繰り返し試してみてください。
 
■人の横を付いて歩いている時にメリットをあげる
→メリットは掛け声でもフードでもOKです!
 
■人の横を付いて歩いている時に、合図によって犬の要求を満たしてあげる
→「ヨシ」の合図で匂いかぎや挨拶や自由に歩くことを許します!
 
えー、面倒だわー。。
という方は引っ張り防止アイテムに頼るのも良いと思います。
↓↓
引っ張り抑制胴輪
 
 
 
ランキングに参加しています。
ポチ!っとお願いします( ´ ▽ ` )ノ
 

※ランキングなんと5位まで上がってきました♬

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

トイレのしつけ、してますか?




こんにちは、イヴです

今日は、トイレのしつけについてお話しします。
トイレは、トイレトレーにさせるか、シートだけの状態でさせる事が多いですね。
外でも良いのですが、雨など天気の悪い日でも外に行かなければならなくなるのは大変なので、トイレシートで出来るようにしておくと良いでしょう。

トイレトレーニングですが、トイレで出来たらご褒美(フードなど)をあげて教えていくのですが、フリーの状態で犬が自分から戻るのをただ待っていては、なかなか成功しません。
始めは、ケージなどで囲われた場所にトイレを置き、トイレをしそうな時にケージの中に入れてトイレをするのを待ちます。
トイレは、いかに成功させて褒められるかがポイントです。
ケージの中で出来るようになってきたら、フリーにしているところからケージに入ってトイレをする練習もしていくと、自分からトイレに戻るようにもなります。
ここも、いきなり遠いところからだと失敗するので、近いところから、フードを使ってケージに入るよう誘導していきます。
また「ワンツー」など、トイレの合図を教えておくのも、トイレをしてほしい時にさせやすくなります。
初めての場所でも「ワンツー」で出来るようになったら良いですね!!
詳しいトレーニングの仕方は、トイレの状況(成功率など)やトイレの設置場所によって変わってくるので、詳しくはトレーナーにお聞きください。

では、本日の様子です。

一枚目の写真は、柴のポン太君とトイプーのちゃたろう君。
一緒にお散歩に行きました♪
ちゃたろう君、ちょっと目が細目になってしまいましたね(^-^;

二枚目の写真は、右からmix(トイプー×シュナ)のこつぶちゃん、トイプーのマナちゃん、見えづらいですが、クレートには、シェルティの麻里乃ちゃんがいます。
マナちゃんは、麻里乃ちゃんが気になる様子でしたが、開いていた扉を閉めてしまいました(゜o゜;
麻里乃ちゃんは出るに出られずσ(^_^;
また扉を開けてあげ、無事に出ることが出来ました(^_^)b
こつぶちゃんは、今日は1日体験でした。
犬がたくさんいたので、ちょっとびっくりしている様子。
トレーナーの後を追いかける姿が可愛かったです

三枚目の写真は、柴のポン太君と、ちび太君です。
かなりやんちゃになってきたちび太君ですが、ポン太君、まだまだ負けません!!
余裕でちび太君の遊び相手をしていました(^_^)


以上、本日の保育園の様子でした。

トイレのしつけって大事よね!と思ったらポチっとお願いします。

※ランキングただいま9位まで上がってきました♬

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

リラックスポジション(リラポジ)編♪




こんにちわ!のんです!

先日、休みを頂き実家に帰りました
やっぱり実家は安心しますね
とても楽しいお休みになりました♪

さて、今日は、保育園に通っている飼い主さんの方は1度は聞いたことがあるかと思います『リラックスポジション』(略してリラポジ) について少しお話します


リラックスポジションとは、犬が仰向けになった状態のことを言います。(写真1)モデル犬…mixのモカ君


では、なぜリラックスポジションを行うのでしょう。

よく、ネットやしつけの本などで、『人にお腹を見せるのは服従している証です。』『服従させるためにお腹を出させましょう』などと書いてあるものを見かけますが、実際のところはどうでしょうか??
寝ている時にお腹を見せているのも 服従心から…?
もしかしたら、そうかもしれませんが、実際のところ服従しているかどうかはわかりません。

ただ、リラックスポジションに慣れさせておくと、コミュニケーションの一環としてだけではなく、体を触わるなどの慣らしや、健康のチェック、爪切り、歯磨き、足裏の毛のカットなどのお手入れがスムーズにできるようになりとても役立ちます。

無理矢理リラックスポジションをやるのではなく、リラックスポジションが好きになるように正しい手順で慣らしていきましょう!

間違った手順で教えると、抱かれることや人の手自体を嫌いになり、咬みつきを教えることにもなるので、教えたい場合はお問い合わせくださいね。

リラックスポジションを好きになった子は解除の合図を出しても、仰向けのまま動こうとはしなくなるため、無理に押さえつけるということもなくなります。
慣れている子だと、リラックスポジションの状態で寝てしまう子もたくさんいますよ♪


以上!リラックスポジションについてのお話でした♪


~おまけショット~
写真2
ダックスのミルクちゃん♪
公園でおもちゃ遊び中です
空中キャッチも見事なものでした\(^-^)/


写真3
公園でロングリードでたくさん遊んだあとのゴールデンレトリーバーの優ちゃん!
広い公園で走り回れて大満足のお散歩だったようです(*^^*)

 

***************************************

ムーブオンでは現在、ネットショップで取り扱っている商品のモニターになって頂けるオーナー様を募集しています。

募集商品


①オーガニックコットンの洋服
  ※サイズ(XS~S)や形は選べます

②アレルギー対策フード 
  ※味は選べます。(ニシン、ビーバー、鹿など)

③ボディタオル
  ※サイズ(XS~M)・色(青or紫)は選べます

④オーガニックドライフード2点
  
・Ziwipeak(鹿・ラム)
  
・Now(七面鳥)

⑤口腔ケア

⑥引張り抑制胴輪
  ※サイズ(XS~L)は選べます。

⑦シャンプー

⑧ディスク

モニター(写真協力含む)にご協力いただいた方にはモニター商品を半額でご提供+Move‘onで使える商品券をプレゼント!
先着順とさせて頂きますのでお申し込みはお早めにお願いします。

************************************************

フェイスブックで(ドッグスポーツ)オビディエンス&ディスクのコミュニティを作りました!

今年は競技会と記録会をたくさんやります
レッスン参加者はもちろんの事、お友達や一般参加も大歓迎!
みんなでドッグスポーツを楽しみましょう!

コミュニティに参加したい方はまずはこちらをクリック♪
     ↓ ↓
①Move’Onのコミュニティに参加しちゃうぜ!

②ついでにチョパオ園長とも友達になろう♪

*********************************************

今夏 初の開催ほぼほぼ決定!

夏頃に1泊2日のを企画中です。(仮)MoveOn’s ブートキャンプ)

内容が決まり次第、詳細はドッグホリデーのページにUPしますね。

       
犬と共に生きるスペシャリスト ☆ドッグトレーナー☆
~~ドッグトレーナーの犬との過ごし方、遊び方を間近で体験してみませんか?~~
   

犬と泊まるホテルに行ってみたいけど自信がない方、自信はあるけど自分たちで行くのは恥かしい方、
吠えて迷惑かけちゃうかも?の方、どうしていいか分からない方、
車がないからちょっと難しいと思う方などなど、参加理由は何でもOK!
料金は1家族2万円程度(宿泊費別)で考えています。
この2日間はしつけだけでなく、犬と過ごす楽しさや大変さ、犬とお出かけする上での注意点や
他では聞けないトレーナーの苦労話、園長の酔い潰れ(爆)、飼い主さん同士の触れ合いなど
犬にまみれた日程になります。
犬好きにはたまらない2日間になるでしょう!今からしておこう♪

どうぞ楽しみにしていて下さいね。

メリークリスマス!ケージの中から吠えます!

こんばんは、マツです。
今日はクリスマスですね♪
朝、車のエンジンをかけるとナビが「メリークリスマス!」と話しかけてきたので、つい「メリークリスマス!!」と返事をしてしまいました(笑)
元旦は「明けましておめでとう!」って言ってくれるのかな?と今から楽しみにしています(^m^)


本日のケーススタディは“ケージ内での吠え”について書きたいと思います。

登場人物は2人家族(ご夫婦)で、生後3ヶ月の柴犬を一軒家で飼っているお宅です。
まだお家に迎えて1週間なのですが、初日からご家族が見えなくなるとキューンキューンと鳴き、
「環境が変わって不安なのだろう」と考えた飼い主さんは鳴くたびに「だいじょうぶだよ」と声をかけてあげていました。
それでも鳴き止まない時はケージから出して抱っこをしてあげていたそうです。

これを2~3日繰り返しおこなっていると、次第に声が大きくなり、今ではけたたましくワンワン!吠えるようになってしまいました。
家族がトイレに行くと、2階へ上がると、仕事に行くと、、、とにかく姿が見えなくなると吠えてしまうので困っているとのこと。

さぁ、この柴ちゃんは一体何を学習したのでしょうか?
俗に言う分離不安症ってやつなのでしょうか??

Move'Onから提案したトレーニングは以下の2つです。

1.吠えていない時に沢山声を掛けたり、抱っこをしてあげる
2.それでも吠えてしまった時には、吠えている間は姿を見せないこと

幸いお家に来てまだ日が浅かったのであっという間に学習し、1週間後にお会いした時には「吠えなくなりました」とのご報告をいただけました。
これが、3年前から吠えていて・・・というご相談内容だったら、改善するまでにもう少し時間はかかっていたと思います。
「吠えると戻ってきてくれた or 構ってくれた or 抱っこしてくれた」を、数日経験したのと3年経験したのでは雲泥の差があります。
経験数が多ければ多いほど、その行動を改善するのは難しくなってくるのです。

今回のケースのポイントは、「吠えさせないために普段から静かに過ごしているところを見逃さない」ところです。
万が一吠えてしまった時には、意図的に同じ部屋に戻らない、声をかけない、を徹底していただきました。
例えばリビングからトイレに行き、用を足したらまたリビングに戻る。私たち人間が日常的に行っている行動ですよね。
その時にたまたま犬が吠えてしまい、同じタイミングで人間が犬の目の前に現れた(リビングに戻った)とします。
別に犬が吠えようが吠えまいが人間はリビングに戻るのですが、犬は「吠えたから戻ってきてくれたのねー!(お目目キラキラ)」
なぁんて学習をしてしまったりするようです。
結果、戻ってきてほしい時、構って欲しい時に吠えるようになってしまったのですね。

私だって「1万円欲しーー!」と叫ぶたびに諭吉さんが貰えたら、「うるさい!」と叱られようが何回だって叫んじゃいます( ̄ー ̄)

以上、クリスマスのケーススタディでした!!

******************************************

ムーブオンでは現在、ネットショップで取り扱っている商品のモニターになって頂けるオーナー様を募集しています。

募集商品
①オーガニックコットンの洋服(超小型犬~小型犬)
②アレルギー対策フード
③ボディタオル
④オーガニックドライフード
⑤口腔ケア
⑥引張り抑制胴輪
⑦シャンプー
⑧ディスク

モニター(写真協力含む)にご協力いただける方には、モニター商品を半額でご提供+Move‘onで使える商品券をプレゼント!
先着順とさせて頂きますのでお申し込みはお早めにお願いします。

ケーススタディ ~持ち逃げ~

こんにちは、マツです。
今日は過去にMove'Onで解決した事例をご紹介したいと思います。

登場人物は4人家族(父、母、子2人)で、生後10ヶ月のラブラドールを室内で飼っているお宅です。
最近みるみるうちにラブちゃんの体は大きくなり、陽気でハイパーな性格には拍車がかかってきました。
体が大きくなったせいで、とうとうリビングのカウンターやハイテーブルの上の物にまで手が届くようになってしまったとのこと。
そうなると当然のように出てくるのは『物の持ち逃げ』という問題行動です。

そこで飼い主さんたちに、持ち逃げをした時の対処法を聞いてみると、
■取りそうになったら「ダメ!」と叱る
■取られてしまったら「ダメ!」と言いながら追いかけて取り返す
を繰り返し行っているとのことでした。

ただ、叱っても一過性に過ぎず、スキを見ては高所の物を狙うようで、今までに郵便物や靴下、タオル、ペットボトルを取られ、ボロボロに破壊されたことが何度もあるようです。
また、いつでも遊べるようにオモチャを床の上に置いてあるのに、全く興味を示さないとのお話もありました。


さて、このラブちゃんはなぜ高所の物ばかりを狙って取るのでしょうか?
なぜすぐに取れるオモチャでは遊ばないのでしょうか?

答えはCMのあとで!


なんちゃって。

気を取り直して、、

私たちMove'Onから提案したトレーニングは以下の3つです。

◯ラブちゃんの手の届くところに、取られて困る物は置かない。(←ここまではよくある話ですよね。)
    その代わり、取られて良い物は置いて良し。

◯↑の物を取ってイタズラしている時は徹底的に無視をする。

◯オモチャに少しでも興味を示した時に、「ダメ!」と言いながら追いかける


そんなに難しい内容ではないですよね?
ラブちゃんちのご家庭でもすぐに実行していただき、2日後に来園した時には既に直っていました(=´∀`)人(´∀`=)

これで大体答えはお分かりいただけたでしょうか?

このラブちゃんはなぜ高所の物ばかりを狙って取るのでしょうか?
⇒家族が声を掛けてくれるから。(人間側は叱っているつもりだった)
⇒鬼ごっこができるから。(人間側は取り返すのに必死だった)


なぜすぐに取れるオモチャでは遊ばないのでしょうか?
⇒オモチャで遊んでも誰も相手にしてくれないから。(一人遊びは放っておかれるのが世の常です)



つまり、郵便物や靴下に興味があるのではなく、家族から構ってほしくて起こしていた行動だということです。
だったら取られて良い物を取った時に、持ち逃げされた時と同じ対処をすれば良いだけのことなのです。
なので、このケースでのポイントは「オモチャに興味を示したところを見逃さない」ところにあります。
決して「無視をする」ところではありません。


1to_20121219191644.jpg

こちらは本日保育園を卒業したラブラドールのランちゃん。
飼い主さんが行動分析学の理論をきっちり覚えて下さったので、持ち逃げをされたというお話は一度も聞いたことがありません。
ラブラドールなのに!?まだ生後5ヶ月なのに!!? とっても落ち着いた性格で、飼い主さんも困っていることは無いとおっしゃっていました。
ランちゃんもご家族が要求を満たしてくれるので幸せですね♪
*今回のケーススタディのラブちゃんとランちゃんは別のワンコです。

問題行動 予防に社会化 ~車慣れ~

今年のマイ流行鍋はカレー鍋なチョパオです。
締めはやはりご飯とチーズを入れたチーズカレーで決まり!


さてさて、最近の記事は保育園内で起きている出来事ばかりでしたが、
これからはケーススタディも書いていきたいと思います。
もちろん、この記事に書いてある通りにやって全てが改善される事はないと思います。
※何故なら飼い主さん自体が何故これらで改善されるかの理屈が分からないから。
  こればかりは企業秘密なので詳しくはレッスンを受講してくださいね^^

それでは今日の記事をお楽しみください

   ↓   ↓   ↓

 

こんにちは、マツです。
前回に引き続き、社会化のお話をしていきたいと思います。
前回の記事はコチラ


~~~前回の記事より引用~~~
「ただ見させたり体験させるだけで慣れることは無い」ということです。
では実際、社会化ってどうやってやっていけば良いのか?
しつけの本やインターネットで検索すると、あたかも上記のことをやっておくだけで社会化が成立するかのように書いてありますが、ほとんどのケースで失敗します。




なぜ「見させたり体験させるだけで慣れることはない」のか?
生まれて初めて見るモノって「好きでも嫌いでもない中性的なモノ」になります。
そしてそのモノに何度も触れ合うことで、「なんか怖い・・・」とネガティブなイメージがついたり、
「これって最高!」とポジティブなイメージがついたりするわけです。
なので、ただ見せたり体験させたりするだけではどちらに転ぶか分からないのです。


では確実にポジティブなイメージにさせるには何が必要なのでしょうか?
正解は、
①「その子が大好きなモノを同時に与える」
もしくは
②「慣れさせたいモノの後に大好きなモノを与える」
これだけでは分かりにくいので、実際に社会化を行っているところをお見せします。


今回は車慣れをしているmixのソラくんに協力してもらいました!
ソラくんの大好きなモノは、ずばりドッグフードです( ´ ▽ ` )ノ


お散歩中、車とすれ違う時にドッグフードを必ず与えるようにします。(②)
歩きながら食べるのが苦手な子は写真のように抱っこをしてもOKです。(抱っこが嫌いな子はやめておいてくださいね)
1to_20121128115149.jpg


この時に大好きなフードが食べられないくらい車に注目してしまうようであれば、
車との距離を離し、フードを食べられる位置まで下がるようにしてください。
2o_20121128115149.jpg

今回ソラくんは食べられましたが、トレーニング初期は目の前に車やバイクがいると食べることをやめてしまう子でした。
徐々に車との距離を縮めていった結果、写真のように気にせず食べられるようになったんですよ。

吠えてしまう、逃げてしまう等の行動が出ている時は食べられない時同様、距離をあけるように気をつけましょう!


また、同じ車でもマフラー音の大きい車や、バス等の大型車は苦手な子が多いです。
そういった苦手になりやすいモノに対してはすれ違う直前ではなく、視界に入った時点からすれ違い終わるまでフードを与え続けます。(①)
3o_20121128115148.jpg

4_20121128115148.jpg

5o.jpg

こちらの方法でも同じく、フードを食べられないくらい車を気にするようであれば、車との距離を離してくださいね。


この2つの方法を使って、車に会うたびにフードを与え続けるとあらまぁ不思議。
何時の間にか車の存在を気にしないようになります。
そうなれば毎回フードを与える必要はなくなります。


今回は大好きなモノの例に食べ物を使いましたが、オモチャでも親友ワンコでも何でもOKです。
でも「好き」ではなく「大好き」なモノを選ぶようにしてくださいね。
ちょっと好きなくらいだと車の迫力や音に負けてしまうのです(^m^)


ただ、犬によって返ってくる反応や大好きなモノを与えるタイミングは変わってくるので、
上記のやり方でうまくいかない方はお早めにご連絡くださいね。

以上、社会化~車慣れ~編でした♪

 

トレーニングで使いやすいオヤツ類はこちらでチェックして下さいね^^
  ↓   ↓
ムーヴオンストア楽天市場店

 

 

 

ページ上部へ