ホーム>スタッフブログ>動物愛護

動物愛護

保健所は悪?

こんにちは、マツです。
最近我が家の換気扇を私がつけるとカラカラ音がなります。
主人がつけると音はなりません。
最近の換気扇は人を見るんですね・・・

さて、本日はタイトルにもなっている保健所について書こうと思います。

「犬」と「保健所」のワードがセットになっている時、みなさんはどういうイメージを持たれていますか?
悪いイメージを連想する方もいらっしゃるようです。

多くの方が誤解されていることですが、保健所では殺処分は行われていません。
実際に行っているのは動物愛護センターになります。

ただ色々な窓口になっているのが保健所なので、何となく悪いイメージがついてしまっているのかもしれませんね。

ただ、この保健所や愛護センターの方々のおかげで近年は徐々に殺処分数が減ってきています。

千葉県では最近、直接犬猫を連れてこられてもその場では引き取らず、必ず2週間の期間を設け、その間に里親さんを探すなり、しつけをするなり飼い主さんに努力をしてもらっています。

持ち込む人はその日に必ず犬猫を置いていこいという強い意志があるので、説得するのはとてもとても大変な作業だと思います。
中には激高する人もいるのではないでしょうか。


またボランティア団体・個人との連携も重要で、相手のキャパ数やこの犬種はあの団体が強い!等を考えながら、1匹でも多く出す努力をされています。

私たちのような動物取扱い業の施設に頻繁に視察に訪れ、環境改善のご指摘をしていただけるのもありますね。
そういった視察により、悪徳な業者は年々減ってきているのも事実です。


殺処分を正当化しているわけではありません。
ただ、あまり多くの情報を知らずに、保健所や愛護センターを「悪」と決めつけるのは少し違うかなと思うのです。


一度飼った犬は最期まで家族であること、迷子になったら見つけるためにすべきことを知っておくこと、他者に迷惑をかけないよう必要最低限のしつけを行うこと。

どこかの誰かのせいにするのではなく、自分を含め一人一人が意識を上げていく事で、犬好きなら誰でも思う【殺処分ゼロ】への道が少しずつ近づくのではないかなーと思うのです。

早く明るい未来が来てほしいものですね^^



さて最後に先日の保育園の様子です。
1_20130529153736.jpg



写真は久しぶりに登園してくれたシャンプーちゃん一家です!
7月のキャンプに向け、カフェトレを始めました。
犬が通っても~、物音がしても~、ウェイターがお料理を運んできても~、みんなお行儀良く待てました♪
みんな偉いぞー(((o(*゜▽゜*)o)))


以上、本日はマツのコラムでした!


---------------------------------------

6月より月に1日だけ水曜日に保育園がお休みになります。

(スタッフ研修、セミナー参加のため)

6月は19日がお休みになりますので、通園生のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、
ご了承くださいますようお願い致します。

 

ブログランキング参加中です、ポチッとお願いします^^

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

ページ上部へ