アテンション(注意を引く)を取る

8月26日、しつけ教室を行いました。

今回やったものなのですが、今回初めてパーテションを使い、隣の犬が見えないような仕切りを使いました。

しつけ教室と言うと、どうしても犬を扱う技術に焦点が行きがちですが、ここ数ヶ月のしつけ教室は、講義に重きを置いています。

講義と、他の飼い主さんがやっているのを見てシェアする時間をとるようにしています。

トレーナーだから出来るとか、この犬種だからできるとかネガティブな考えを持たなくてもいいようにするためです。

この日は、ヒールウォークと、アテンションの取り方です。

アテンションの取り方は、すべてのシチュエーションで使えますので、とても便利なものです。

餌を見せてこちらを注目させるだけではアテンションの良い取り方とは言えません。

いろんな方法で犬の振り向かせ方がありますので、ネットに載ってる情報だけでなくとにかく試してみることと、いろんな人のやり方を見ることが大事だと私は思います。

イベント本番10月14日に向けて、少しずつレベルが上がってきました。

イベント本番が楽しみです!
しつけ教室参加者だけでなく、一般の方もイベントの参加は可能です。
皆さん是非ご参加ください。

2018年8月28日

Posted by 園長柴田