犬の散歩は楽しむためにある

園長柴田です。
新日本プロレス好きです。今は断然ウィル・オスプレイ選手。
同じ人間とは思えない!

前編を読まれてない方は、読まれてから本文推奨。

それでは後編スタート

前編でお伝えしたかったのは、
[犬友達はいた方が良いけど絶対ではない]
[飼い主さん同士仲良くしてた方が良いけど、絶対ではない]
という事です。

このお店をやってるいる理由の一つに、
飼い主さん同士のネットワークを広げる】が
あります。

でも、中には飼い主さんとのネットワークを持ちたくない】人も結構な割合でいらっしゃいます。

そういう方々の為に、犬友達を作る場としてムーヴオンがありますので、【ムーブオンはしつけ教室でななく、犬友達を作る場所】なんて意味付けも持って貰えるととても嬉しい訳です。

散歩の実例を挙げます。
オープンマインドで読んでください。

僕は犬との散歩の時、どうしたら【僕(飼主)と1番楽しめるか】だけを考えています。

小枝を見つけたら、
《拾い食いしないよう、避けて通らなきゃ》ではなく、
[この小枝を持って来い出来たら散歩楽しくなっちゃうな]

とか

花を見つけたら、《花食べそうだから、遠ざけなきゃ》ではなく、
[花の蜜を一緒に舐めれないかな?]

とか

犬を見つけたら《犬に吠えちゃうから、散歩コース変えなきゃ》ではなく、
[どのオモチャなら、あの犬達に向けられてる視線を僕に釘付け出来るかな?]

と、思考を全く違う方向に変えてしまう訳です。

すると、散歩の意味付けは180度変わります。

《散歩は必要だからやる》の義務ではなく、【散歩は楽しいからやる】にきっとなります

そうなると、問題は問題でなくなります。

犬なんだから、

  • 吠えて当然
  • 噛み付いて当然
  • 拾い食いして当然
  • マーキングして当然
  • 走り回って当然

だからと言って、何でもありではないので、しつけは大事!

でも、しつけをする為に犬を飼ってる訳ではないはず

嫌々行く散歩と、ルンルンで行く散歩、犬達は違いに気付いてますよ。

散歩を楽しむ方法、色んな選択肢あります

2020年4月13日

Posted by 園長柴田