ケースバイケース

5月22日、ついにドッグランビニールハウスができました!

遮光の強いビニールが付きましたので、先週末のような気温30度越えの時でも、室内はとっても涼しく快適になっています。

風も吹きぬける仕様のビニールハウスで、時速ドッグランですので45mの台風が来ても飛ばないと言うことで、どんな天気にも対応できるドッグランとなりました。

そんなドッグランで遊ばせるサービスは小型犬は1500円~対応しています。
ぜひご利用ください♪

4月に、リニューアルをし子犬がどんどん増えてきています。
世界一子犬にに優しいお店!を掲げていますので、とても嬉しいお話です。

さて、ケースバイケースのお話。

今日は【 看板犬 】

沢山ある依頼の中で、意外に多いのが、愛犬を看板犬にしたいと言うものです。

八百屋、サーフィンショップ、それこそ犬の店など。

看板犬にしてみたものの、お客様が来るたびに吠えてしまう。それをどうしたらいいか?と言うような内容です。
中にはお客様を噛んでしまうワンコもいました。

また、食品を取り扱うお店の場合、衛生面も考慮する必要があります。

ムーヴオンのスタッフもお店に愛犬を連れてきて、看板犬にするべく日々訓練を積ませていまが、看板犬を作るのは非日常の訓練が必要ですのでとても大変です。

看板犬に絶対必要な訓練は『高度な社会性』です。

看板犬で避けて通れないのは、見ず知らずの人が触ろうと近寄よって来る事です。
中には初めて犬を触る人もいるでしょう。

初めて犬を触る人は、触る強さも、何をすれば犬が怖がるかも、何も判りません。

犬は初めて見るもの、触れるものにとても弱いです。

何がきっかけで恐怖心が芽生えるかも分かりません。それを念頭に置いておく必要があります。

看板犬に限らず、すべてのワンコに高度な社会性をつけさせてあげたいんですけどね(^^;

今日はここまで。

そうそう、4月に書いたドッグタウン計画の記事をYouTubeで紹介してくださった方がいました。

私も参加している『ストロングMen’s会』という、名前を聞くだけでワクワクして来る、

ペット業界を熱く盛り上げていこうとする漢(おとこ)達の飲み会があります。

そこで出会った江東区亀戸で小型犬専門トリミングサロンをされているオーナーさんです。
小型犬専門のトリミングサロンで、トイプードル25,000と業界平均の3倍近い値段で打ち出しているお店にも関わらず、お客様がいっぱい!

これまでにないトリミングサロンで、僕もとても注目しています。お近くに住まわれている方は是非チェックしてみてください。

↓ ↓

トリミングサロンfine
https://fine-trim.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral

ストロングMen’S会にご興味を持たれた方も募集です!

僕や、このオーナーさんのように、ペット業界と飼い主さんを取り巻く環境を少しでも良くしていこうとしている人が沢山います。一つ一つは小さな力でも、一つに集まると大きな力になり、結果、ペットの飼育放棄が限りなく0になると信じています。

よければご覧ください

 ↓ ↓

ではまた〜

2019年6月1日

Posted by 園長柴田