犬の訓練 生活に溶け込ませる

犬の訓練の楽しさを伝える記事を。

柴田の普段の犬との生活】をお話しします。

私が犬を訓練する時、気をつけていることが3つあります。

愛犬が楽しんでいるのか。

自分が楽しいか。

生活に溶け込んでいるか。

この三つです。

特に最後の【生活に溶け込んでいるか】
を大事にしています。

例をあげます。

ワンコにご飯をあげる時、食器を置いて《待て》を教えてる方は多くいます。

もちろん私もそれに近いのを教えています。

ちょっと違うのは、
《自分で食器を持って来させます》

食器を咥えて持ってくる姿は何とも言えず、これが可愛いのだ!

もちろん、食べ終わった後の食器もキッチンまで運んでこさせます。
食器を片付けたら、ご褒美が貰えます。

食器を自分で持ってきて、食べたら片付ける。

ワンコはご飯食べたい時は食器を持ってきます。
食器を片付けてもご褒美が貰えるので、きっと嬉しいのでしょう。
私も見てて可愛い&実用的!
1日2回は練習するしか機会がありますね。

も1つ行きましょうか。

散歩編

人の横に《ついて》でアイコンタクト取りながら歩く。
こんな人も多いと思います。

私はちょっと違います。
もちろんアイコンタクト取りながら歩くのもやります。

リードを出したら散歩道具を持ってくる

首輪を出したら、自分から首輪に頭を入れる

うんちバックは自分で袋をもつ。

家に居るときも外に居るときも、何かしらやらせるようにしています。

これが【生活に溶け込んでいるか?】です。

もちろん、教えるのが難しいのもありますが、そんなてもありません。

是非【生活に溶け込ませる】を意識してやってみてください。

きっと世界は変わって見えますよ!

2018年5月17日

Posted by 園長柴田