コマンドトレーニング

コマンドトレーニンングとは?

犬 コマンドトレーニング
横について歩くヒールウォーク

コマンドとは、いわゆる命令・指示の事です。(例:おすわり・ふせ・おいで・待て等)
コマンドの種類や教え方にフォーカスします。

コマンドの種類は?

  • オスワリ:人の前では座って過ごす
  • ハウス:クレートやケージに入り吠えずに過ごす
  • マット:指定された敷物に乗って過ごす
  • ワンツー:指定された場所で排泄する
  • ヒール:散歩で人の横について歩く

ムーヴオンで全頭に入れているコマンドトレーニングは上の5項目。

他にはどんなコマンドがある?

  • 待て:指定された時間まで動かず過ごす
  • ふせ:その場で伏せて過ごす
  • おいで:呼ばれたら足元まで来る
  • もってこい:指定されたオモチャなどを手元まで持って来る
  • オーバー:指定された物を飛ぶ
  • ゴロン:目の前でお腹を出す
  • バック:後ろ向きのまま下がる

数をあげればキリがありませんが、何でも教えれば良いという訳ではありません。
犬は複雑な事は理解出来ませんので、なるべくシンプルに教えて行きましょう。

コマンドの教え方は?

コマンドを教えるには、まず、3種類の指示を理解する必要があります。

  1. 指符:指で出す指示(ハンドシグナル)
  2. 体符:体で出す指示(ボディシグナル)
  3. 声符:声で出す指示(ボイスシグナル)

コマンドで一番イメージしやすいのは、手をパーにした待て(指符+声符)でしょう。

コマンドを教えるには適切な順番があり、この順序を間違えると中々覚えません。
実はココがずれている飼い主さんが殆どです。

残念なことに、犬は言葉を理解出来ませんので、誘導ありきとなります。

【行動の形成(指符がやりやすい)→出来たらご褒美】この流れを必ず守ってください。

間違ったやり方は、ただただコマンドを連呼するだけ。
これでは1年かかっても何も覚えないケースもあります。


待てではありませんが、参考動画を作りました。
コマンドトレーニングの流れは一緒ですので、流れを実践して身につけてみてくださいね。

コマンドトレーニングの必要性は?

普段の生活でのしつけはもちろん大切です。
ただ、コマンドトレーニングは日常に必要か?と言われると、特に必要性は感じません。
コマンド以上に、普段のコミュニケーションの方がよっぽど大事です。

コマンドは普段の関係性ありきですからね!

2021年2月28日

Posted by 園長柴田