ホーム>イベント情報

イベント情報

イベント一覧 2/14更新

2016年度 今後のイベント一覧

日時 タイトル 場所 内容
2017年3月18~20日 今度は3日間!
春のセール!
MoveOn 3F 全品10%~90%OFF!
その場にない商品でもセール価格でお取り寄せ♪
2017年3月25日(土) 愛犬・愛猫を守る仕組みを考えるセミナー MoveOn 3F わんちゃん・ねこちゃんは大切な家族です。
オーナー様にもしものことがあったら、その大事な家族を守ってくれる仕組みが必要です。
ペット信託®の共生・安心・保険・自由設計という4つの機能で大切な家族を守ります。
2017年6月10日(土) 無麻酔歯石除去 MoveOn 3F 犬の歯科衛生士の資格をお持ちの先生と業務提携し、ワンコの口腔内環境を綺麗にします。

 

愛犬・愛猫を守る仕組みを考えるセミナー

わんちゃん・ねこちゃんは大切な家族です。
オーナー様にもしものことがあったら、その大事な家族を守ってくれる仕組みが必要です。
ペット信託®の共生・安心・保険・自由設計という4つの機能で大切な家族を守ります。

 

ペット信託®を使った大切な家族を守る仕組みづくりをご紹介します

・オーナー様がわんちゃん・ねこちゃんのお世話をすることが出来なくなったとき、「誰が」・「どこで」・「どのように」お世話をするのか決まっていますか?
・ペット信託®を使ってどのような備えができ、どのような仕組みが作れるのか、動物法務士が事例を交えてご紹介いたします。お気軽にご参加ください。


日時:2017年3月25日(土)
料金:無料
時間:10:00~11:00
講師行政書士・斎藤学

※わんちゃん・ねこちゃんのオーナー様限定のセミナーです。
※申込時に、参加されるオーナー様の人数をお知らせください。
※わんちゃんの同伴可です。
※お車でお越しの際は、近隣のコインパーキングをご利用ください。
※行政書士齊藤学法務事務所に電話(090-1799-1438)・Eメールでお申し込みください。
 
 

2017年6月10日(土) 無麻酔歯石除去

またまたもやってきました!

犬の歯科衛生士の資格をお持ちの先生と業務提携し、ワンコの口腔内環境を綺麗にします。

身体の内側から健康にしていきましょう!
1シーズンに1度ぐらいしか機会がありません。
また2月の開催時はキャンセル待ちが出る盛況ぶりでしたので、ご予約はお早めに!

 

詳細

注意事項
日程

6月10日(土)

  1. 10:00〜12:00 残り2頭
  2. 12:00〜14:00 残り2頭
  3. 14:00〜16:00 残り2頭
  4. 16:00〜18:00 残り2頭
  • 先生2名で対応します。
  • 基本的にワンちゃんをお預かりしての施術となり、飼い主様はカウンセリング後にはご退室して頂きます。中型犬以上は、飼い主様に押さえて頂く事がございます。
場所

 MoveOn  3F

  • 駐車場無料
料金

初回スタンダードプラン(2時間) 20,000円(税込21,600)

初回トライアルプラン(1時間) 12,000円(税込12,960)

再診リピータープラン(1時間) 8,000円(税込み8,640)
(スタンダードプランご利用後1年以内の方)

 

  • 1回で施術が終わらない場合、2回目も同料金が発生します。
  • 再来は約60分程度で終わります
流れ

Step1  カウンセリング

飼い主様から話をお伺いしながら犬の健康状態や歯石がどれくらい溜まっているか、その子の性格など観察していきます。これを元に飼い主様と一緒に今後の方針を決定します。(病院での治療が必要なのか、麻酔下での施術の方が適しているのか、どのくらいの期間が必要なのかなど)

Step2 スケーリング

リラックスするように話しかけながらマッサージを行い、メディカルアロマやハーブエッセンスを使用し落ち着くのを待ってからスケーリングを始めます。

Step 3 ポリッシング

スケーリング後の歯の表面は外見上綺麗になっていますが、顕微鏡で拡大するとまだ綺麗に歯石が取れていません。また歯の表面がザラついていて返って歯石が溜まりやすい状態です。そのため、研磨剤を使用して隅々まで歯石を落とすと同時に傷つけた歯の表面をツルツルに整え歯石を付きにくくします。

Step 4アフターケア

抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、免疫促進作用、口臭予防作用などがあるメディカルアロマを使用し仕上げを行います。またメディカルアロマにはリフレッシュ効果もあるので無麻酔歯石除去で緊張した身体と精神面に良い影響を与えます。

Step5 アドバイス

次回のスケーリングまでの間、家庭でできるデンタルヘルスケアのお話をさせて頂きます。また、デンタルヘルスケアについての疑問やお悩み相談にも対応させて頂き、併せて御社の主力デンタルヘルスケア商品をオーナー様にご紹介致します。

申込条件

  1. ご利用規約に署名できる方・・・利用規約.pdf
  2. 注意事項に同意出来る方・・・注意事項.pdf
持ち物
  1. 1口サイズのオヤツ
  2. 座って待っている時ようのクッション
  3. 普段使用している歯ブラシ(持っていれば)
講師
プロフィール

 

無麻酔歯石取り.jpg

 関根憲子(せきね のりこ)

CANINE WELLNESS CLUB主宰


(社)日本アニマルウエルネス協会認定ホリスティックケアカウンセラー(社)日本愛玩動物協会認定愛玩動物飼養管理士1級
   日本ペット栄養学会認定ペット栄養管理士
   動物看護師統一認定機構認定動物看護師
(社)日本ペットマッサージ協会&中国伝統獣医学国際研究培訓センター認定ペット東洋医学アドバイザー&ペットマッサージセラピスト
日本メディカルアロマ動物臨床獣医部会認定ペットアロマセラピスト
NPO法人日本アニマルセラピー普及協議会認定アニマルセラピストPetsAmericaInternational認定ペット救急救命士 他

USANBCAAM(National Board of Certificationfor Animal Acupressure & Massage)公認'CHICAGO SCHOOL OF CANINE MASSAGE' にて犬の健康維持・増進のためのペットマッサージ(メンテナンス・スポーツ・リハビリテーション)を習得後、同じくUSA コロラド州公認’WELL ANIMALSINSTITUTE'にて犬の無麻酔歯石除去コースを通じて口腔学の知識を深め、ケーナインデンタルケアプラクティショナープログラムベーシック&アドバンスコースを修了(アドバンスコースを修了した唯一のアジア人)。解剖学に基づいたペットマッサージ、オーラルヘルスケアのための無麻酔歯石除去、ペット栄養学、東洋医学的な考え方、メディカルアロマを取り入れたペットサービスを提供する「CANINE WELLNESS CLUB」を主宰。動物行動学に基づいた家庭犬のしつけ方、また大型犬のシニアケアに精通した予防医療スペシャリストとして活動中。

ご予約/お問い合わせ

 ご予約方法

内容に関するお問い合わせ

CANINE WELLNESS CLUB
090-8378-0152

メールはこちらから

 

 

 

愛犬のデンタルケア始めましょう!

無麻酔歯石除去とは

無麻酔歯石除去をは予防医療に基づいたドッグハイジニストによるデンタルケアです!愛犬の口臭や歯垢・歯石が気になりませんか?

臭いの原因である歯石を放置しておくと口臭・歯周病の原因となります。
また腎臓・心臓・肝臓などの内臓疾患の一部や、感染症などと関連があることが分かっています。

「歯石を取ってあげたいけど麻酔が心配」という飼い主様にお勧めしたいのがドッグハイジニストによる無麻酔歯石除去です。無麻酔歯石除去は愛犬の身体に負担をかけず歯石を取り除くことができます。

ビフォー&アフター

 

201571192741.jpg Before    
20157119284.jpg

After

メリット
  • 麻酔や薬を使わないので、愛犬の身体への負担をかけません。(麻酔リスクの高いシニア犬・肥満犬、軽度の心臓病・腎臓病などの内臓疾患を持った子にも安全に行うことができます)
  • 愛犬の身体へのリスクが少ないので、定期的に歯石除去が行えます。
  • 歯石除去にかかる経済的な負担を軽減できます。(全身麻酔をする場合はスケーリング施術料に別途、術前検査費、麻酔処置料などの費用が必要になります)
  • 通常のハミガキでは磨き難い奥歯や歯の内側までクリーニングします。
スケーリングとは?
  • 麻酔や機械を使わず全てオールハンドで行います。
  • 愛犬にストレスや負担がかからないよう様子を見ながら行います。
  • ワンちゃんとドッグハイジニストとの関係性を理解させるため原則、ワンちゃんはお預りとします。
  • 歯石の付着具合、歯周の炎症度、ワンちゃんの性格などによって1回ではスケーリングが完了しない場合があります。
スケーリングが難しいケースについて
  • 歯周病が進行していて動物病院での治療が必要な場合(治療が必要な場合はアドバイスさせて頂きます)
  • 心臓などに重篤な病気がある場合(特にパグ、ブルドッグ種、キャバリアKCS、シーズーなど短頭種)
  • お口の中を触らせる習慣がなく、極端に嫌がったり噛み癖がある場合

まずは愛犬の歯と口腔内のチェック

歯の健康は全身の健康状態にも関わりあっており、歯周病が他の器官の病気に影響することもあると分かっています。

また、歯周病の痛みによるストレスにより全身の健康状態に悪影響を及ぼします。歯垢や歯石を減らすことで全身の健康によい影響を与えます。

歯周病は年齢とともによく見られる病気ですが、3歳以上の80%近い愛犬が歯周病にかかっています。また飼い主さんの70%以上の方がマウスケアに悩み不安を抱えていると報告されています。特に小型犬は密集した歯や歯並びの悪い子がよくみられ、歯周病の要因といわれています。

口臭が気になる

歯垢や歯石が付いている

歯茎から血が出ている

よだれが増えた

やわらかいものしか食べない

食べ物を噛んでいるとき口からよくこぼす・吐き出す

口を足でかいている

食欲がない・食べたがらない

くしゃみ・鼻水・鼻血・片側だけ目やにや涙が多い

行動元気がない・沈んでいる

上記のような様子が現れたら歯周トラブルが考えられます。ペットも人と同じようにデンタルケアが必要です。専門家に相談し、早急にお口のケアを始めましょう!

デンタルケアにはホームケアと獣医師によるケア、そしてドッグハイジニスト(犬の歯科衛生士)によるケアがあります。

ドッグハイジニストとは犬の歯と歯周について学科・実技のトレーニングを修了し、無麻酔で犬の歯のスケーリンを行う専門家のことです。

知識・経験とも豊富なドッグハイジニストが愛犬のスケーリングを行います。ドッグハイジニストが担当することで舌や歯肉のガン、歯の破損などお口の中の異常にも気づくことができ早期発見、早期治療にも結びつきます。

 

 

ページ上部へ